子供の成長を促す

おもちゃ

知育玩具の選び方

知育玩具とは、赤ちゃんの好奇心や感覚を刺激することによって脳や指先、体の成長を促す玩具のことをさします。おもちゃとの違いは厳密にはなく、おもちゃの中に知育玩具が含まれているといえます。とはいえ赤ちゃんや子供にとっては、世界のすべてが好奇心の源であるともいえるので、厳密な線引きは難しいものがありますが、とくに遊び方のバリエーションがあるもの、長い間遊べるものを知育玩具と呼ぶことが多くなっています。知育玩具は脳を刺激するという特徴があります。古くからあり、近年知育玩具として見直されたものに積み木、ままごとセット、パズルなどがあります。これらは年齢に応じて遊び方が変わり、多様な遊び方を提供してくれるものです。もの自体の性質は変わらないのに遊び方が変わるというのが大きな特徴といえます。また想像力を刺激するという点も特徴です。ほか、のばす能力によってもいくつかの種類に分けられます。文字や数字などの記号を教える玩具、パズルなどの組み合わせ方を考えさせる玩具、音がでたりさわり心地が違ったりして五感を刺激する玩具、形を形成する玩具などがその代表的なものです。非常に多様化しているため、複合した特徴を持つものもあります。知育玩具を選ぶときは、長く遊べるものか、想像力や好奇心を刺激するか、衛生的で安全なものかといった点に注意して選びましょう。刺激が強すぎるものは早く飽きるおそれもあり、意外とオーソドックスなものの方が優れているということもあります。

Copyright© 2018 赤ちゃんの能力をぐんぐん伸ばす知育玩具【発達の基礎作り】 All Rights Reserved.