成長にかかせないおもちゃ

手

赤ちゃんの興味をそそる

生まれてしばらく経ち、成長してきた赤ちゃんは身の回りのものにたくさん興味を持ちます。特に大人が使っているものは、赤ちゃんにとってとても興味深いものなのです。実はその興味こそが、赤ちゃんの成長に繋がる大切な要因になります。しかし大人が使うものをそのまま与えるのは、危ないことも多いです。そこで知育玩具がとても役に立ちます。知育玩具は安全に、楽しく知能の成長を促すおもちゃのことをいいます。赤ちゃんの月齢や年齢に合わせて、さまざまな種類が作られています。対象年齢は主に1人で動けるようになった頃から、5歳くらいまでです。例えば1人で座ったり、ハイハイができるようになった赤ちゃんがよく興味を持つのが、ティッシュペーパーやテレビのリモコンです。赤ちゃんが遊ぼうとするとつい取り上げてしまいますが、実はこれは赤ちゃんの知育にとても必要な学びのひとつなのです。そこでティッシュペーパーをモチーフにした知育玩具や、ボタンがたくさんついているリモコンのような知育玩具が役に立ちます。これを与えることで赤ちゃんは満足し、実際のティッシュペーパーやリモコンで遊ぶことが少なくなります。もう少し大きくなってくると電話のおもちゃやままごとなど、より大人の生活に近いおもちゃを好むようになります。赤ちゃんの頃にたくさん遊んだことは、成長の基本となっていきます。それぞれの年齢に合わせた知育玩具を選び、興味を持ったものはどんどん体験させてあげると良いでしょう。

Copyright© 2018 赤ちゃんの能力をぐんぐん伸ばす知育玩具【発達の基礎作り】 All Rights Reserved.