脳の発達を促すおもちゃ

ママと赤ちゃん

成長段階に合わせて選ぶ

知育玩具は子供の脳の発達を促すおもちゃのことで、幼児が手にすることを考え、安全面や衛生面に配慮した作りになっています。知育玩具に代表されるものは積み木やパズルなどがありますが、子供の成長段階や年齢に合わせて選ぶことが重要です。商品には対象年齢が記載されており、購入の参考にはなりますが、ひとつのおもちゃでも遊び方に多様性があり、幅広い年齢に対応できるものだと長く遊ぶことができます。1〜3歳頃は音や動きに変化のあるおもちゃを与えると、聴覚や触覚などの五感に影響を与えることができます。押すと音の出るおもちゃや、さまざまな形を作り出せるブロックや粘土は、手指の動きや発想力の発達を促すことができます。文字の読み書きができるようになる5歳頃は、記憶力を鍛える複雑なパズルや、ルールを覚える必要のあるゲームなどをプレゼントに選ぶと良いでしょう。0歳児は手にしたものは何でもなめてしまうので、口にしても害のない素材や塗料を使用した知育玩具を選ぶ必要があります。手指の発達に効果のある粘土は、お米や寒天、小麦など食品を原料に作られたものがあります。木製の知育玩具はツヤを出したり、長持ちさせるために塗装されているものが多いです。無塗装のものもありますが、自然由来の塗料を使用している安全性の高い知育玩具もあります。安全基準を満たしている知育玩具は、口に入れても塗料が剥がれる心配もなく、もし塗料が口に入ったとしても安全性に問題はありません。国産の木材を使用した木製の知育玩具は、木のあたたかみや安全性の高さが人気で、出産祝いのギフトに選ばれています。

Copyright© 2018 赤ちゃんの能力をぐんぐん伸ばす知育玩具【発達の基礎作り】 All Rights Reserved.